マンションのベランダに転落防止ネット【子供を守ろう】業者なしで取り付け

マンション子供の転落防止ネット【後悔する前に】

※このブログにはプロモーションが含まれています。

マンションのベランダや窓に、子供の転落防止ネットを取り付けたいと思ってる方へ。

業者に頼まず、自分でマンションに子供の転落防止ネットを取り付けられるものをご紹介します。

子供の安全は保護者の責任です。悲惨な事故が起こる前に転落防止ネットを取り付けましょう。

参考:ご注意ください!窓やベランダからのこどもの転落事故

平成28年から令和2年の5年間の、9歳以下の転落死の件数は21件です。

H28~R2年齢別転落事故件数

消費者庁の資料を基に作成しています。

年齢別に見ると3~4歳最も多く、場所別だとベランダが一番多く、次いで窓からの転落となっています。

また時期別だと5~8月の、初夏から夏にかけて多いようです。

今年3月には名古屋で2歳の双子の兄弟が、マンションの窓から転落死しました。

2人一気に転落してしまった痛ましい事故は、みなさまの記憶にも新しいのではないでしょうか。

上記は令和2年までの調査なのですが、今年と去年は子供のマンション転落死のニュースを多く見かけた気がします。

「またか…」

と誰もが思ってしまうであろうニュースですが、子供は大人が思っている以上にビックリするような行動をします。

マンションなどからの転落死は、完全に大人の責任です。

一軒家の2階からでも、転落すれば死亡する可能性はあります。

悲惨な事故が起こる前に、転落防止ネットなどの対策をしておきましょう。

目次

マンション子供の転落防止ネット「おとさんゾウ」特徴

「おとさんゾウ」は、マンションからの子供の転落防止ネットです。

業者が施工するというサービスはありますが、自分で取り付けられるマンションの転落防止ネットはありませんでした。

マンションのベランダ用子供の転落防止ネット(ベルト固定/クランプ固定)の価格

マンション子供の転落防止ネット「おとさんゾウ」

転落防止ネット ベルト固定タイプ

格子タイプのベランダ

こちらのような格子状のベランダの転落防止ネットは「ベルト固定タイプ」です。

2m17,200円
3m18,300円
4m19,500円
5m20,800円
6m21,800円
7m23,100円
8m31,200円
9m32,300円
10m33,700円

転落防止ネット クランプ固定タイプ

その他のベランダ

こちらのようなタイプの転落防止ネットは「クランク固定タイプ」です。

2m20,600円
3m21,900円
4m27,200円
5m32,400円
6m33,500円
7m38,700円
8m44,700円
9m45,700円
10m55,200円

窓用子供転落防止「おとさんゾウ」の価格

窓に取り付けるおとさんゾウはこちらです。

幅は85-145cm対応の伸縮タイプです。

窓用おとさんゾウ
85-145cm幅 × 80cm高8,000円

転落防止ネット「おとさんゾウ」を購入した方の口コミ

ベランダ用おとさんゾウを購入した方の口コミ

突っ張り棒がしっかりしていて、しっかり固定できた上に、ネットと突っ張り棒を固定するための付属品もちゃんとついてくるので、とても安心。
突っ張り棒とネットを別途ホームセンター等で購入した方が安いなと思う部分もありましたが、安心と実績を踏まえ、少し高いなと思う部分もありましたが、このお店を選びました。購入してよかったです。
窓のバージョンのおとさんゾウも、購入を検討しています。

1歳4ヶ月の子供が歩き始めたので、転落防止用に購入しました。
賃貸の我が家の室内窓には既製の窓ガードがことごとく合わず取り付けられなくて困っていた所に、おとさんゾウを見つけました。
ベランダ用ネットなので変幻自在。
室内に取り付けたので多少の圧迫感はありますが転落防止を優先しました。
突っ張り棒の支柱もしっかりしていて安心できます。転落防止ネットの余った部分は本棚のいたずら防止に役立てました。

窓用おとさんゾウを購入した方の口コミ

マンションに住んでいるため、子どもの窓からの転落防止目的で購入しました。前回1つ購入し、今回は追加購入です。
商品はとても頑丈そうで、重量もあるので設置が一人でできるか心配でしたが、女性一人にて10分程で設置できました!
簡単に設置できるのに強度はしっかりしていそうなので、安全に使えそうです。
発送も早く助かりました。

マンションの子供の転落防止ネットの「おとさんゾウ」の口コミは高評価です。

品物がしっかりしていて安心できるという声が多く好評です。

マンション子供の転落。転落防止ネット以外に注意することは?

窓と子供のイラスト

転落事例

子供の転落事例を、消費者庁のデータより抜粋してご紹介します。

網戸が外れて窓から転落(平成30年8月・9歳女児)

自宅の2階で子ども同士で遊んでいた。ベッド横の窓の網戸に寄りかかったところ、
網戸が外れ転落した。転落時カーテンをつかんだためか破れたカーテンも一緒に落
ちていた。窓の高さは地上から5mで地面はコンクリートだった。窓の真下にある
1階の部屋のひさしがへこんでいた。脳震盪を起こしているため入院となった。

引用元:消費者庁

物置の屋根で遊んでいて落下(令和2年6月・8歳男児)

自宅庭の高さ約 2.5mの物置の屋根に乗り遊んでいたところ落下した。地面は土で、
その上にプラスチックの柔らかい板があった。自力で玄関まで移動したところ、家
族(きょうだい)が気付き、保護者が救急要請した。頭部挫創、全身打撲により2
日間の入院となった。

引用元:消費者庁

ベランダの柵を超えて落下(平成29年4月・4歳男児)

2階に子どもを残し、保護者は1階で食事の準備をしていた。庭で大きな音がして
児の泣き声が聞こえたため見に行くと、子どもが座って泣いていた。背中に土がつ
いており2階のベランダの柵を超えて4~5mの高さから落ちたようだった。いつ
もベランダへの窓は二重に施錠していたが、この日は網戸にしており、網戸が開け
られていた。ベランダに柵はあったが、高さ約 50 ㎝のところに足をかけて登るこ
とができる段差があった。救急搬送され、全身打撲で3日間入院した。

引用元:消費者庁

転落事故は2階からが多く、2階からの転落事故でも多くが入院が必要な中等症以上となっています。

マンションなどの高層階に限らず、2階以上の窓やベランダなどには転落防止対策をとりましょう。

子供の転落防止策

  • 窓には子供の手の届かない位置に補助錠をつける
  • 窓やベランダ付近にや足場になるようなものを置かない
  • 窓や網戸や手すりに劣化がないか点検する
  • 子供だけを置いて外出しない
  • 窓を開けている部屋などでは小さい子供だけで遊ばせない
窓のそばに置かない方がよいもの


窓の近くには、ソファ、ベッド、棚、ごみ箱、おもちゃ、水槽等は踏み台にしてしまうので置かないようにしましょう。

ベランダも同様に椅子やプランターなど置かないようにしましょう。

マンションの子供転落防止ネット業者なし取り付けまとめ

業者に頼まなくても設置できる、マンションの子供転落防止ネット「おとさんゾウ」の特徴や口コミ、子供の転落防止で気を付けることについてご紹介しました。

マンションからの子供の転落事故は、毎年ニュースで耳にします。

子供は大人が思っている以上に危険な行動をすることがあります。

後悔をしてしまう前に、マンションの子供転落防止ネットを取り付けることをおすすめします。

「おとさんゾウ」は自分で簡単に取り付けることができるので、工務店など業者に頼むより安価に取り付けることができます。

検討してみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次